違法性と安全なオンラインカジノの選び方を解説

オンラインカジノとは、海外のランドカジノと同じように実際にお金を賭けてカジノゲームを楽しむことができるインターネット上のサービスです。
日本でもカジノ法案が成立し、オンラインカジノの国内人気も高まっています。

オンラインカジノと聞くと、「なんだか怪しい感じがする・・・」「違法ではないの?」と感じる方も多いかと思われます。
実際のところは非常にクリーンな内容です。
この記事では、オンラインカジノに興味があるけどどういうサービスなのか?どんな魅力があるのかといった初心者の方にもわかりやすく、オンラインカジノについて解説していきます。

オンラインカジノってこんなサービス

オンラインカジノってこんなサービス
オンラインカジノとは、わかりやすく説明すると「海外のカジノを自宅から楽しめるオンラインゲームサイト」です。
「オンカジ」「ネットカジノ」というふうにも呼ばれています。
一般的なアプリゲームと違いオンラインカジノはギャンブルの一種です。

実際にお金を賭けてプレイし、ゲームで手にした勝利金は実際に手元に引き出すこともできます。
オンラインゲームのようなテーブルゲームだけでなく、生中継でディーラーと対戦できる「ライブカジノ」がオンラインカジノの醍醐味です。

実際のランドカジノにはない「ボーナス」や「キャンペーン」、「トーナメント」といった、オンラインカジノにしかないオリジナル要素もあり、サイトによって内容は様々です。
実際に店舗へ足を運ぶ必要もなく、スマホでプレイも可能ですので好きな時間に好きな場所で、いつでも手軽に本格的なカジノゲームが楽しめるのがオンラインカジノの魅力です。

オンラインカジノは違法じゃないの?

日本人がオンラインカジノと聞くと、違法ではないのか、遊んで逮捕されないのかという不安や疑問が浮かぶことでしょう。
結論から言うと、オンラインカジノ自体は海外で運営許可証(公式ライセンス)を取得して運営されているので合法です。
合法的に運営されているオンラインカジノを、カジノが禁止の日本で利用することが違法にあたるのかどうかを現在の日本の法律で取り締まることができないため「グレーゾーン」とされています。

宝くじや競馬といった国が認めたギャンブル以外はすべて違法にあたるため、オンラインカジノは違法だと考える人も多いですが、実は身近な存在であるパチンコやスロットも違法にあたります。

パチンコやスロットは出玉を直接換金するのではなく、景品に引き換えてから景品を換金するという「三店方式」のため違法でも合法でもない「グレーゾーン」となっています。
過去の事例をみても、オンラインカジノプレイヤーを現在の法律で裁くことはできないため、通常プレイをする上でプレイヤーが罪に問われるということはありません。
オンラインカジノは違法じゃないの

安全で信頼できるオンラインカジノを選ぼう

オンラインカジノは、ルールを守ってプレイすれば安全に楽しむことができます。
そのためには信頼できるサイトを見極める必要があります。
オンラインカジノは数千ものサイトが存在しますが、中にはライセンスを取得せずに運営している違法サイトや、勝利金の支払いを行わない悪質なサイトも存在します。

悪質なサイトを利用しないためにも、最低限の見極めポイントを押さえておきましょう。

・カジノ合法国のライセンスを取得しているか
・勝利金の支払い実績があるか
・個人情報保護のセキュリティ対策はされているか
・日本語でのサポートがあるか
・第三者機関による監査を受けているか

以上の条件は信頼のおけるオンラインカジノの最低限のポイントです。
これらの条件を達成しているオンラインカジノの中から選ぶようにしましょう。

オンラインカジノでイカサマや不正はされていないの?

オンラインカジノでイカサマや不正はされていないの
オンラインカジノはパソコンソフトだからプログラムの改ざんや、不正がされているのでは?と思うかもしれませんが、きちんとライセンスを取得しているオンラインカジノであれば心配無用です。
オンラインカジノのゲーム自体は別のゲームプロバイダー(ゲームソフトウェア会社)が提供しているので、オンラインカジノのサイトがプログラムの改ざんや、不正をしたりということはできません。

また、ゲームのソフトウェアに関してもゲームを提供しているプロバイダーに第三者機関の監査が入ります。
不正やイカサマのプログラムが見つかれば、オンラインカジノへ提供することはできません。

Evolution Gaming(エボリューションゲーミング)、Microgaming(マイクロゲーミング)、NetEnt(ネットエント)、Play’n GO (プレインゴー)、Playtech(プレイテック)といったゲームプロバイダーはライセンスや第三者機関の監査を受けている実績があり、オンラインカジノプレイヤーからも人気が高く信頼性が高いです。

まとめ

オンラインカジノはクリーンな大人の遊び場です。
日本での認知度は低く、違法で怪しいというイメージがあるかもしれませんが、ルールを守ってプレイすれば安全に楽しく、気軽に本格的なカジノゲームを楽しめます。
オンラインカジノを選ぶ際は知名度が高く、日本語サポートが充実しているサイトを選ぶようにしましょう。

エコペイズを使って銀行振込でオンラインカジノに入金する方法

海外に運営拠点を置くオンラインカジノのゲームでは、ドルやユーロの外貨を採用しています。
賭金をカジノ業者に入金したり、勝利金を日本の銀行口座に出金するには、日本円と外貨を交換・両替する手続きが必要です。
今回は、日本国内から電子決算や銀行振込を手軽に利用できる「エコペイズ」で入金する3つの方法をご紹介します。
 
 

エコペイズとは?

エコペイズとは?

エコペイズ(ecoPayz)とは、イギリスの企業が運営する電子決済サービスです。
エコペイズの口座を開設すれば、オンラインカジノへの入金・出金や外貨と日本円との両替などをパソコンやスマホから一元管理する事が可能です。
オンラインカジノでプレイする上で、非常に利便性の高い決済手段であり、ほぼ全てのオンラインカジノで採用されています。
 
 

(1)エコペイズへの入金方法

エコペイズに入金する方法は次の3つです。

(1-1)銀行振込による入金 お勧め度 ★5
エコペイズが指定した国内銀行の口座に現金を振り込む方法です。
エコペイズへの入金方法としては、手続が簡単で誰でも行なう事ができます。

(1-2)エコバウチャーによる入金 お勧め度 ★2
エコバウチャーは、クレジットカードで購入できるバーチャルなプリペイドカードです。
現在はクレジットカードで直接エコペイズへ入金する事はできませんが、エコバウチャーをクレジットカードで購入してエコペイズへ入金する事は可能です。
ただし、エコバウチャーを購入して入金する際に手数料が合計で10%以上必要になるため、積極的に利用するメリットは小さいでしょう。

(1-3)仮想通貨による入金 お勧め度 ★1
エコペイズには、ビットコインなどの仮想通貨で入金する事ができます。
入金手数料は無料ですが、仮想通貨は価格変動リスクが大きいため誰でも利用できる方法ではありません。

  

(2)銀行振込によるエコペイズへの入金

(2)銀行振込によるエコペイズへの入金

エコペイズへの銀行振込は、国内に設置されているATMやインターネットバンキングなどから行なう事ができます。

(2-1)振込先の指定口座
エコペイズの振込先指定口座は、三井住友銀行(株式会社オーバーシーズ名義)とみずほ銀行(株式会社グローバフィード名義)の2つあり、ユーザーがどちらかを選ぶ事ができます。

(2-2)銀行振込の入金手数料
銀行振込を利用してエコペイズに入金する場合には、日本からの送金手数料として利用額の5%程度が必要です。
その他に日本円からドルやユーロへの両替手数料がエコペイズの口座ランクに応じて約1.3%~3%必要になります。

(2-3)エコペイズの口座ランク
エコペイズの口座にはクラシック、シルバー、ゴールド、プラチナム、VIPの5つのランクがあり、本人確認書類を提出したり、エコペイズの利用状況によってランクが変動します。
エコペイズに登録して口座を開設した当初は、最低ランクのクラシックにランク付けされます。

クラシックでは、オンラインカジノへの賭金を入金する事は可能ですが、カジノで儲けたお金を出金する事はできません。
カジノで儲けたお金を出金できるようにするためには、口座ランクをクラシックからシルバーへランクアップする事が必要です。

シルバーへのランクアップには所定の本人確認書類を提出する必要がありますが、手数料等は必要ありません。
口座ランクがアップすれば、エコペイズへの最大入金額が大きくなり、通貨を両替する手数料率が低くなります。

口座ランク 両替手数料 最大入金額
クラシック 約3.0% 約 12 万
シルバー 約3.0% 約 187 万
ゴールド 約1.5% 約1,248万
プラチナ 約1.5% 約1,498万
VIP 約1.3% 約1,747万

  

(3)銀行振込を利用する場合の注意点

(3)銀行振込を利用する場合の注意点

銀行振込を利用すれば、誰でも簡単にエコペイズに入金する事ができますが、利用に際しては以下の3点に注意が必要です。

(3-1)入金反映までの時間
エコペイズに銀行振込で送金すれば、通常は3営業日以内にエコペイズの口座に入金が反映されます。
ただし、銀行の営業時間外に振込を行ったり月末月初や連休前など、銀行の決済振込業務が集中する時期は、エコペイズの口座への入金反映が遅れる可能性もあります。

(3-2)振込先指定口座の変更
エコペイズが指定する振込先口座は変更される事があるため、銀行振込を行なう際には、そのつど指定口座を確認する必要があります。
キャッシュカードやパソコンに振込先を登録していると、指定口座が変更された時に誤って送金する可能性があるため、エコペイズの振込先を登録するのは避けた方が良いでしょう。

(3-3)振込手続きの記録
エコペイズの指定口座へ銀行振込を行う際は、手続きの記録を残しておく必要があります。

ATMから振込を行った場合は領収証、インターネットバンキングからの振込であれば送金画面のスクリーンショットなどを残しておく事が必要です。
手続の記録を残しておけば、銀行振込後にエコペイズの口座に入金が反映されないなどのトラブルが発生した場合に対応しやすくなります。

  

まとめ

エコペイズへの入金方法には、3種類ありますが仮想通貨やエコバウチャーによる入金は、手続の簡便性や手数料の面で問題があります。
銀行振込による入金方法は、エコペイズの初心者でも簡単に行なえるのが特長です。
ただし、利用に際しては上記の注意点を踏まえて行う必要があります。

カジ旅の目的別おすすめスロット3選

カジ旅といえば世界初のRPG型オンラインカジノですが、ユーザーの間ではRPG型という面よりもスロット特化型であるという方が、認知度は高いのではないでしょうか。

スロット特化型というだけあり、現在公式で謳われているスロットの数は1500と膨大な数で、カジ旅でスロットを始めようにも何をプレイしたらいいか分からないというユーザーは多いと考えられます。

そこで今回はカジ旅でプレイできるスロットの中で、目的別に絞ったおすすめ機種を3つ紹介します。

安定重視の人には定番の「Starburst」

安定重視の人には定番の「Starburst」
スロット初心者はもちろんの事、安定重視のスロットを打つのならオンラインカジノの中でも、世界的な人気を誇る大定番の「Starburst」がおすすめです。

Starburstの開発元はゲーム会社NETENTで2013年の登場ですが、全世界のオンラインカジノにおけるスロット人気ランキングで2020年の段階で、なおランクインするほどの人気スロットとなり、気になるペイアウト率とベット額は以下の通りになります。

・ペイアウト率…96.1%
・ベット額…0.01ドル~200ドル

全世界で高い人気を誇っているスロットなだけに、安定したゲーム性を求める玄人ユーザーにも今なお愛され続けていますが、カジ旅でなら店舗特有の機能であるブリッツモードも使用できるため幅広くおすすめとなっています。

wild図柄で高額配当も狙える

Starburstは安定度が高く初心者にも分かりやすいシンプルなゲーム性という特性がありますが、何も高額配当が狙えないというわけではありません。

Starburstのゲーム性は全体の勝ちは少額なものの、特定図柄であるwildが来た場合リスピンとなり、さらにそこから更にwildを引き当てると十分高額配当が狙える機種となっています。

また、基本的にStarburstは安定志向であるため長期戦が予想されるスロットですが、カジ旅であればスピン速度が通常の6倍になるブリッツモードが使えるため、全台の中でもトップクラスにおすすめの機種になります。

効率と高利益を狙う人こそ「Vampires Gone Wild」

オンラインカジノをプレイする以上は、効率良く高い利益を狙いたいという人には、「Vampires Gone Wild」がおすすめです。

ペイアウト率とベット額は、以下の通りとなります。

・ペイアウト率…96.93%
・ベット額…0.05ドル~100ドル

前述のStarburstと比較するとペイアウト率が高いのが目につく点ですが、Vampires Gone Wildの最大の魅力は何といっても最大50000倍もの高配当です。

もちろん最大値である50000倍は相当なレアケースであると言えますが、その他にも200倍や1000倍といった夢のある高配当があるのはVampires Gone Wildの強みといえます。

カジ旅ならではのブリッツモードで効率は最大値に

Vampires Gone Wildはカジ旅のスロットの中でも、トップクラスの高配当を狙えるのが最大の魅力ですが、スピン速度を通常の6倍まで引き上げるブリッツモードとの相性も非常に高い事で知られています。

スロットで効率を求める場合一番の障害となるのが、スピン速度や当たらない時の演出にかける時間です。

カジ旅の目玉機能であるブリッツモードは、この時間を最大高利に引き上げる機能であり、Vampires Gone Wildで適用した場合は100スピンが、凡そ10秒以下で消化できるという仕様となっています。

そのため高配当との相性もよく、短時間で効率よく資金が稼ぎたい人には、一押しの機種といえます。

日本のスロットや演出好きなら「HOOD VS WOLF」

日本のスロットや演出好きなら「HOOD VS WOLF」
カジ旅でプレイできるスロットは実に1500以上となるため、様々な好みのスロットを楽しむ事が出来ます。

中には当然スロットをプレイするにあたって、二大巨頭ともいえる要素の、「安定」と「高配当」以外の要素を前面に出した機種というものがあり、キャラ性を前面に出した日本のスロットが好きな人には「HOOD VS WOLF」がおすすめです。

ペイアウト率とベット額は以下となっています。

・ペイアウト率…95.39%
・ベット額…0.2ドル~375ドル

これまで紹介した2種と比較しても、ペイアウト率は低めとなっていますが、童話の赤ずきんを題材にしたHOOD VS WOLFの最大の魅力は、そのかわいらしいキャラクターです。

声優起用の上に日本語でボイス付きと、日本人好みに徹底的に合わせて開発されているため、ただ稼ぐだけでなくキャラクターの可愛らしい演出も合わせてゲームを楽しめる機種となります。

最大配当4150倍であってもあくまで演出を楽しむゲーム性

HOOD VS WOLFはとにかく日本人の完成に合わせて制作されているのを強く感じる機種ですが、オンラインカジノのゲームというだけあって最大配当は4150倍と、決して低い数字でははありません。

そのため、どうしても利益率の事を考えてしまいがちなところ、実際にプレイして見るとその多彩な演出にハマること請け合いです。

また、効率という点においてHOOD VS WOLFはカジ旅特有のブリッツモードには対応しておらず、他と比較すると出方も緩やかなため非効率といえます。

しかし、日本のスロットやアニメが好きな人であれば、そうしたカジノ的プラス要素を抜きにしても十分に楽しめる機種ですので、少しでも興味が湧いた人は試してみることをおすすめします。

1500以上のスロットから自分に合ったものを探す

1500以上のスロットから自分に合ったものを探す
カジ旅では現在1500以上のスロットをプレイできますが、実際に全てを試すわけにはいかないというのが実際の所で、オンラインカジノを長く楽しむためには自分に合ったスロットを如何に選るか否かにもかかっているともいえます。

是非とも、今回紹介した3つの機種を参考にしてみてください。

自分自身に合うスロットを見つけましょう

悪質なオンラインカジノを見分ける4つのポイント

カジノはお金を賭けるギャンブルであり、個人同士での賭け事とは違って専門の業者が運営しているため、詐欺に遭いそうな疑念を感じます。

また、オンラインカジノはネット上の架空のカジノであるため、プログラムを操作することで簡単に不正ができそうな気もします。

現実に、不正な運営によって逮捕者の出たカジノがいくつかあります。
日本人を狙ったオンラインカジノの詐欺に遭わないためには、適正なオンラインカジノと悪質なオンラインカジノを見分ける目を持つことが重要になります。

悪質なオンラインカジノの特徴

悪質なオンラインカジノの特徴
悪質なオンラインカジノはプレーヤーからお金を騙し取ることが目的であるため、適正なオンラインカジノとしての姿とは大きく異なっています。

つまり、以下のような通常のオンラインカジノでは見られないことが行われています。

1)業者情報が曖昧
トラブルが生じた時に見つからないようにするため、公式サイトで所在地や連絡先が曖昧になっています。
また、適正な運営がなされていないため、運営履歴の詳細が記載されていません。

2)違和感のある公式サイト
公式サイトの日本語表記に違和感がある、日本語でのサポートを受付けていない、日本語の意味が通じない、などがあります。
逆に、公式サイトがあまりにも日本のプレーヤー専用と思える造りになっています。

3)入出金の処理がルーズ
詐欺が目的であるため、入出金の反映が遅かったり、処理がルーズだったりします。

4)プレーヤーが日本人のみ
日本人を狙った詐欺であるため、オンラインカジノからは日本人プレーヤーの姿しか感じられません。

悪質なオンラインカジノを見分ける4つのポイント

悪質なオンラインカジノは正規のライセンスを取得して運営されているわけではないため、全てが嘘で固められています。
適正なオンラインカジノは以下の4つのことが行われており、それを確認することで悪質なオンラインカジノとの見分けが可能です。

1.ライセンスの取得
適性なオンラインカジノは必ず、公式サイトで保有しているライセンスを表記しています。
ライセンスを保有していないオンラインカジノは、悪質なカジノと思って間違いがありません。
ライセンスとは、オンラインカジノの安全性や信頼性を証明するものであり、カジノを合法とする国や政府の機関から発行されています。

ライセンスの審査は非常に厳しくなっており、オンラインカジノの運営方針や資金の確保、セキュリティシステムの構築、高質なゲームの提供などを調査されます。
この審査をクリアしたオンラインカジノだからこそ、プレーヤーは安全で公正なゲームでのプレーが保証されます。

ライセンスを発行している国や政府の機関はいくつかあり、それぞれが独自の基準を設けています。

その中で、特に信頼の高いライセンスは以下のものです。
・マルタ
・イギリス
・ジブラルタル(イギリス領)
・マン島(イギリス国王室属領国)
・オルダニー島(イギリス国王室属領国)
・キュラソー(オランダ領)

2.ソフトウェア会社からゲームの提供
悪質なオンラインカジノを見分ける4つのポイント
オンラインカジノのゲームは運営会社が制作しているわけではありません。
ソフトウェア会社が開発したものを提供してもらっています。
それが、オンラインカジノの運営業者による不正なシステム操作の防止に繋がっています。

当然、歴史のある名の知れたソフトウェア会社のゲームほど、信頼席も安全性も高くなっています。

以下のソフトウェア会社は高い評価を得ています。
・Microgaming(マイクロゲーミング)
・Playtech(プレイテック)
・NetEnt(ネットエント)
著名なソフトウェア会社のゲームが導入されていない場合は、システムに不正な操作が施されている危険性があります。

3.監査機関への対応
ライセンスを取得していれば正規のオンラインカジノであり、安全性が確保されています。
ただ、より信頼性を向上させるのが、第三者の監査機関による監査です。

監査機関は定期的且つ抜き打ちで以下のような監査を実施します。
監査に通ったオンラインカジノはそれだけ適切に運営されていることが立証されたことになります。
・ゲームの公平、公正性
・個人情報の的確な管理
・迅速、且つ正確な支払い
・サポート体制の確立

主な監査機関としては、eCORGAやTSTなどが挙げられます。
また、監査の結果は監査機関の公式サイトに「ペイアウト率」などで公表されています。

4.確実な支払い
適正なオンラインカジノはホームぺージで明記された通りの支払いを実施しています。
悪質なオンラインカジノは支払いにその姿を現します。
支払いの申請をしてから通常の処理時間以上の時間がかかっていたり、金額が違っていたりする場合は、間違いなく悪質なオンラインカジノです。
ちなみに、ネット上の口コミなどでそのような事例が書き込まれていないかを確認することも大切です。

公式サイトで確認すべき表記事項

公式サイトで確認すべき表記事項
悪質なオンラインカジノは公開すべき情報が公開されていません。
公式サイトで以下のような情報が見当たらない場合は悪質なオンラインカジノであり、登録は控えた方が無難です。
・所在地
・取得ライセンスや登記番号
・監査機関
・提供ゲームのソフトウェア会社
・運営規約

・サポートの内容など

日本でカジノが合法化されたらオンラインカジノはどうなるか

2018年7月に特定複合施設区整備法(IR整備法・カジノ整備法)が成立しました。
そこで気になるのがカジノ法案が施行され、カジノが合法化されたらオンラインカジノも同じように合法になるのか?という点です。

結論から言えば、カジノ法案により日本でカジノができるようになってもオンラインカジノは合法にはならず、オンラインカジノを取り巻く環境はこれまでと変わりません。

理由は今回のカジノ法案では海外のオンラインカジノについての言及がないこと、国内のカジノ設置についても施設を開業できる地域数が決まっているなど細かい要件があるためです。

ここではカジノ法案によりオンラインカジノがどうなっていくのかについて解説します。

カジノ法案の内容

カジノ法案の内容
通称「カジノ法案」は正式には「特定複合施設区整備法(IR整備法・カジノ整備法)」といいます。
この法律はカジノを合法化するということだけが目的ではありません。
カジノ施設のほか、会議場、ショッピングモール、レクリエーション施設、宿泊施設などが集まった複合リゾートを開発することにより、地域経済の振興と発展、社会への還元を目的としています。

IR法案では日本国内に特定複合観光施設を設置できるのは3箇所までとしており、まだ誘致先は決定していません。
候補地として手が挙がっているのは苫小牧(北海道)、台場(東京)、幕張(千葉)、横浜(神奈川)、名古屋(愛知)、夢洲(大阪)、マリーナシティー(和歌山)、ハウステンボス(長崎)の8箇所です。

当初は、東京オリンピックが開催予定だった2020年までに施設のオープンを目指すという話が挙がっていました。
しかし、建設地の決定のほか、カジノ管理委員会の設置、ライセンスの認可など、カジノ関連の審議が長引き、現状ではカジノがオープンするのは早くて2025年頃であると言われています。

カジノが合法化されてもオンラインカジノはグレーゾーンか

カジノが合法化されてもオンラインカジノはグレーゾーンか

IR法案が施行され、日本でカジノが合法化されたら、現在普及している海外のオンラインカジノをプレイすることも合法となるのではないか、という期待が沸き上がりますがそうはいかないのが現実です。
というのも、IR法案の中には海外のオンラインカジノに関しての記述がないのです。
現在の賭博法の中でも、日本在住の日本人が海外のオンラインカジノに参加することを制限する直接的な法律はありません。

つまり、日本人が日本でインターネットを使って海外のオンラインカジノに参加することに関しては、これまでと同じくグレーの状態が続くということになります。

そもそもIR法案では、日本に3箇所だけカジノを含む複合施設を設置できるとしています。
それ以上カジノを増やすことができませんので、当然、オンラインカジノが合法化することは現時点ではないのです。

逆に日本ではオンラインカジノ運営業者とプレイヤーを罪に問う直接的な法律がないことからはっきりと違法であるとは言えない、というのが現状ですのでこの点は変わらず継続するということになります。

オンラインカジノのプレイヤーが今後逮捕される可能性は低い

オンラインカジノのプレイヤーが今後逮捕される可能性は低い
2016年に海外のオンラインカジノのプレイヤーとして参加していた日本在住の日本人が家宅捜査を受けたり逮捕されるという事件が起き、オンラインカジノ界を揺るがしました。

実際に逮捕者が出たことから、「オンラインカジノは危険だ」「オンラインカジノで逮捕される」という話がネット上を駆け巡ったのです。

しかし、結果的に逮捕された人たちは不起訴となり、海外のオンラインカジノで遊ぶことで罪にはならなかった、という事実が残っています。
現在の日本の刑法の賭博法の解釈に当てはめることは難しいということで不起訴の実績が出たため、現状の法環境の下ではわざわざ検察が同じようなことを蒸し返すことはまずありません。

このようなことからオンラインカジノは限りなく白に近いグレーゾーンであり、現状ではこれまで通りに遊んでも問題はないと言えます。

安全に遊ぶためには日本人限定のテーブルがあるカジノは利用しない、オンラインカジノ上のチャットに本人を特定できてしまうような内容を投稿しない、SNSやブログにプレイ内容を公開しない、ということを守っていればあらぬ疑いをかけられずにより安心してオンラインカジノに参加することができます。

信頼性の高いオンラインカジノを利用するのがおすすめ

オンラインカジノは違法性もなく安心して利用することができ、IR法案が施行され日本国内でカジノが合法化されても当面は現状の環境でプレイすることができるといえます。

今後もこれまでと変わりなくオンラインカジノを楽しむことはできますが、法規制以前に中には悪質な業者も混じっていますので信頼がおける業者に会員登録することが大切です。

信頼のおける業者でオンラインカジノを楽しむためには日本国内でも評価が高い業者を選ぶと失敗がありません。
このサイトで紹介しているオンラインカジノ業者はどれも信頼性が高い業者を厳選してご紹介していますので、まずはその中から選んでみるのがおすすめです。

スロットマシンの基本と必勝法について

オンラインカジノの中でも、特に人気が高いのがスロットマシンです。
パチンコやゲームセンターにも似たような機械が置いてあるので、試したことがある人も多いゲームだと思います。
今回はスロットマシンの基本的な遊び方やルール、勝つための秘策について見ていきたいと思います。

スロットマシンどんな遊び?

古い洋画を見ているとテンガロンハットを被った西部の男たちが、スロットマシンにコインを入れて遊んでいるシーンを見かけることがあります。

レバーを引き7が3つ揃うと当たり、一気に機械からコインがあふれ出します。
スロット系の遊びは、もともとアメリカから生まれたもの。

当時はコインと引き換えに、アルコール類のドリンクや煙草などの商品が手渡されていたようです。
簡単すぎるルールが功を奏して、当時から多くの人だかりができる遊戯だったようです。
スロットマシン、どんな遊び?

ちなみにスロットマシンのルールは、絵柄がそろえばヒット。
たったこれだけの、シンプルなルールとなっています。

また当たりが出た時にいくら貰えるかは、スロットをおこなう前に自分で決めていけます。
当たり前ですが多く払えば、それだけ多くの配当金。

少なく払えば、その分少ない配当金になります。
コースを決めたら、あとはSPINボタンを押すと絵柄がグルグルと回転し始めます。

勢いよく止まった所で当りがはじき出されたら、絵柄のチェックを。
絵が揃っていたら、指定した通りの配当金がもらえます。

これさえ抑えればOK スロットの専門用語

スロットマシンで遊ぶためには、いくつかの専門用語をインプットしておくのがオススメです。
専門用語を知らなくても勿論遊べますが、知っているとそれだけカジノの時間も楽しくなるはずです。
これさえ抑えればOK スロットの専門用語

リール

リールとはスロットマシンの、横の絵柄の数をあらわしています。
リールの数は、多ければ多いほど難易度が上がっていきます。

5リールの場合は、5枚の絵を合わせるということ。
3リールの場合は、3枚の絵柄を合わせることになるからです。
スロットマシンで多く見かけるのは、3や5などの奇数リールになります。

ライン

スマホのLINEと間違えてしまいそうですが、これは全く別モノ。

ラインとは「賭けている線」ということです。
ラインの線上に絵柄がピタリと揃えば、これも当たり。
賭けた金額に応じて、マネーがキャッシュバックされていきます。

ラインの数は多ければ多いほど当たりが出やすくなり、勝つ確率も上がっていきます。
ラインは横一列の線が基本となっていて、あとは斜め・中央よりひとつ上の線・中央よりひとつ下の線などが付け加えられます。

1ラインが最低の単位で、多くなると25ラインもある台もあります。
25ラインと聞くとビックリしてしまいますが、上には上があるもので最高50ラインも設定されている機種もあります。
数うちゃ当たる…ではありませんが、少しでも勝率を上げたい人は「ライン数の多い機種を選んでいく」のもオススメです。

デノミ

デノミとはデノミネーションの英語から来ているもの。

ラインごとの、掛け金の単価をあらわしています。
スロットマシンは米ドル基準になっていることが多く、最低で1ライン5セント・最高で1ライン150ドル…くらいが相場となっています。

クラシック

スロットマシンには、クラシックと呼ばれる機種があります。
レトロと呼ばれることもあり、いわゆるダサい感じのスロット画像です。

サクランボやレモン・ベルなどの昔っぽい絵柄が並んでいて、子供でも遊べるのでは…と思えるくらい、シンプルなルールになっています。
単純明快で脳も疲れにくいので「ちょっと気晴らししたいな」と思うときにぴったりです。

ビデオ
クラシックと反対の位置にあるのがビデオです。
映画やハリウッドのスター・アニメキャラなど斬新な画像が登場して、ゴージャスな内容のゲームになっています。

レールやラインの数がクラシックより格段に多く、テンション上がる仕掛けもたっぷり。
音楽も凝っているので「本物のカジノのような賑やかな雰囲気を味わいたい」人にもぴったりです。
ゲームの画像もとても多いので、飽きずに楽しめます。

スロットマシンで勝つための攻略法とは?

他のゲームに比べて、小難しいルールがないのがスロットマシンの良さです。

ジャンジャン音楽も流れるので、テンションも自然と上がっていきます。
これだけ高揚感のあるゲームは、他を探してみてもあまり無いのではないでしょうか。

スロットマシンで勝つための攻略法とは?

またスロットマシンでいい気持ちになったからには、勝って終わりにしたいもの。

スロットマシンで勝つための秘策ですが「自分に合う機種を見つけておく」のも1つの方法です。
どれも同じように見えるスロットマシンですが、機種それぞれにクセがあり性格も違っています。

当たりやすさ・当たりにくさも変わってくるので「とにかく打ちまくり、自分と相性のよい1台を見つけていく」のがポイント。
がむしゃらに打っているうちに、当たりやすい癖がわかるようになり自然とそのプレイが板に付いてくるようになります。

良い勘が磨かれるようになるので、インスピレーションが研ぎ澄まされ良い当たりをつかめるようになります。
恐れる時間があれば、まずチャレンジしてみる…これがオススメの作戦です。

唯一と言っていい決済手段が無くなった過去

近年オンラインカジノを楽しむようになったという人にとっては、そもそも名前もあまり知らないかもしれません。
しかし、オンラインカジノの古参ユーザーにとって、ネッテラーの存在はとてつもなく大きなものだったのではないでしょうか。

ネッテラーがあったからこそオンラインカジノを楽しめたといっても過言ではないだけに、存在感が大きいのも当然です。
だからこそ、ネッテラーが撤退した時の衝撃は計り知れないものがありました。

ネッテラー撤退

ネッテラー撤退
ネッテラーの撤退は2016年の9月。
それまでオンラインカジノといえばネッテラー。
ネッテラーといえばオンラインカジノと言っても過言ではないほど、両者はいわば「ワンセット」でした。

オンラインカジノを楽しむにあたって、入金はクレジットカードからでも気軽に行えますが、日本人ユーザーが楽しむ場合、どのように出金するのかがテーマでした。
オンラインカジノの魅力は高いペイアウトであることは言うまでもありません。
他のギャンブルとは比べものにならないペイアウトが、大きな可能性を秘めていますし、実際に日本のギャンブルとは比べ物にならない大きな利益を手にしたユーザーもいます。

しかし、利益を得るためにはオンラインカジノで勝利するだけではなく、送金サービスを活用することで手元まで利益を運び、日本円にしなければなりません。
そのための手段がネッテラーでした。

そのネッテラーが撤退するとなれば、日本人オンラインカジノユーザーに衝撃を与えるのは当然です。
さらに大きな衝撃だったのが、ネッテラー側が公式に理由をアナウンスしたのではなく、ユーザーに「以降はもう使えません」といった簡素な通知のみだった点です。
なぜ使えなくなるのか、その理由を事細かに説明してもらえるのであれば多くのユーザーも納得したことでしょう。

しかし、現実的には未だになぜネッテラーが日本市場から撤退してしまったのか真相は分かっていません。
真相が語られれば、多くのオンラインカジノユーザーも理由を聞くことで納得なり、一つのけじめがつくかと思いますが、未だに理由が語られていないからこそ、余計に気になっているというユーザーも多いのではないでしょうか。

ネッテラー撤退後は?

ネッテラー撤退後は?
ネッテラーが撤退した際、「オンラインカジノはもうだめなのではないか」との声も上がりました。
それもそのはず、オンラインカジノは先にもお伝えしたように、日本人が楽しむためには送金サービスの存在が不可欠でした。
そして、それまで日本人オンラインカジノユーザーを一手に引き受けていたといっても過言ではないネッテラーが撤退してしまったのです。

「もう事実上、利益を手にすることができない」「ゲームを楽しむだけの物になってしまった」といった声が上がるのも決して不思議な話ではありません。
しかし、ネッテラー撤退後、アイウォレットやエコペイズなど送金サービスが台頭しました
エコペイズなどの台頭により、オンラインカジノユーザーが路頭に迷うことはありませんでした。

ネッテラー撤退の理由に迫る

ではなぜネッテラーは撤退したのか。
多くの方が気になっているかと思いますが、公式にアナウンスされていない以上推測の域は出ませんが、ネッテラーが撤退した直前、日本人のオンラインカジノユーザーが日本の警察によって逮捕されました。
これにより、ネッテラー側は「日本はオンラインカジノがもう無理かも」と判断したのではないかと囁かれています。
ネッテラー撤退の理由に迫る
それまでオンラインカジノで楽しむためにはネッテラーの存在が不可欠でした。
そこで逮捕者が出た以上、司法の目がネッテラーに向けられるのも当然です。
そのため、ネッテラーは撤退したとされているのですが、一方でこの一連の流れが契機となってオンラインカジノがさらに盛り上がりを見せるようになりました。

というのも、逮捕されたオンラインカジノユーザーは、結局は「嫌疑不十分」とのことで不起訴だったのです。
つまり、警察が自ら「起訴できない案件」だと証明する形になってしまったのです。
それまでオンラインカジノは白か黒か議論されることも多々ありました。
いわばグレーゾーン的な扱いを受けていたのはそのためですが、警察の逮捕を受けて「やっぱり黒か」と思わせた一方で、嫌疑不十分とのことで不起訴。
結果、オンラインカジノは「黒じゃない」ということを警察が証明する形になってしまったのです。

そのため、ネッテラーは撤退してしまったものの、以降、日本市場のオンラインカジノはさらなる盛り上がりを見せるようになりました。

まとめ

ネッテラーの撤退はとても大きなトピックです。
しかし、一方で一連の流れを受けてオンラインカジノが更に盛り上がりを見せるようになったのも事実なので、ネッテラーの存在はいろいろな意味でとても大きなものだったと言えるでしょう。
ちなみにネッテラーは日本市場に戻ってきました。
といってもオンラインカジノでは利用できず、あくまでも送金サービスの一種としてなので、オンラインカジノでは使うことはできません。

日本人プレーヤーに人気の電子決済手段

オンラインカジノを楽しんでいるユーザーにとって、アイウォレットは馴染み深い送金サービスなのではないでしょうか。

アイウォレットを利用することでオンラインカジノの利益を手元に届けることができますが、これからオンラインカジノをと考えている方は、「アイウォレット」と言われてもピンとこないことでしょう。
そこでアイウォレットについてや、なぜアイウォレットが必要なのかについて解説していきます。

アイウォレットとは送金サービスの一種

アイウォレットとは送金サービスの一種

アイウォレットとはオンラインカジノのサービスではなく、送金サービスです。
つまり、アイウォレットの運営会社とオンラインカジノは同じものではありません。
しかし、オンラインカジノで得た利益を手にするためには送金サービスを利用する必要がありますので、しばしアイウォレット等の送金サービスはオンラインカジノと一緒に語られることもあります。

オンラインカジノユーザーの中にもアイウォレットだけではなく、エコペイズやヴィーナスポイントといった送金サービスはオンラインカジノの一部だと思っている方も多いようです。
しかし、厳密に言えば両者はまったくの別物です。

ではなぜ同じように語られるのか。
そこにはオンラインカジノのシステムがあります。

基本的にオンラインカジノは海外のサービスです。
アカウントを作り、コインやメダルを購入するための資金を入金することでオンラインカジノでベットすることが可能になります。
入金に関してはクレジットカードでも可能なので決して難しくはないのですが、出金に関しては少々ハードルが高いです。

なぜなら、オンラインカジノは海外のサービスだとお伝えしました。
そこからダイレクトに日本の金融機関に振り込むことが簡単ではありません。

そこで、両者の間に送金サービスを用意することで、オンラインカジノのアカウントから送金サービス、そして送金サービスから日本の金融機関へ。
このような流れになると考えると分かりやすいのではないでしょうか。

アイウォレットの魅力とは?

アイウォレットの魅力とは?

アイウォレットを活用することで、オンラインカジノで得た利益を自ら手にすることができるようになるのですが、なぜアイウォレットが大きな支持を集めているのか。
送金サービスはアイウォレット以外にも多々ある中で、アイウォレットが選ばれている理由は大きく分類すると2つあると考えて良いでしょう。

一つは日本語に対応している点です。
オンラインカジノ同様、送金サービスも基本的には海外のものばかりになりますので、日本人にとっては言葉の壁が立ちはだかることになります。
オンラインカジノそのものも国外のものではありますが、遊戯なので言葉が分からなくとも、感覚的に楽しめるのではないでしょうか。

また、オンラインカジノに用意されているスロットやブラックジャック、ポーカー、ルーレットにバカラといったゲームは、オンラインカジノ以外でも楽しめます。
その為、ゲームそのものに関しては言葉が分からなくとも、既にルールが分かっているので言葉の壁を感じることがないという人も多いのではないでしょうか。

一方で送金サービスはお金が絡むものです。
どのような形で送金に至るのかは、やはり外国の言葉よりも日本語でと思うものなのではないでしょうか。
その点、アイウォレットは日本語に対応していますので、どのような流れで送金まで行うのか、不安や心配もありません。
お金のことである以上、「もしも」や「いざ」という時のことも考慮しておく必要がありますが、アイウォレットであればその心配もありません。
このような点から日本人ユーザーから大きな支持を集めています。

デビットカードの存在

デビットカードの存在

アイウォレットが人気を集めている理由はもう一つあります。
それはデビットカードの存在です。
アイウォレットに登録すると、デビットカードが送られてきます。
こちらはコンビニや銀行のATMにて利用できますので、気軽に出金ができます。

送金サービスでデビットカードがない場合、送金はネットから指示を出し、入金されるまで待ってから出金しなければなりませんが、ATMであれば自分の好きな時に出金することができます。
つまり、アイウォレットであれば日本語に対応し、かつATMでの出金を可能としています。

実はこの点はオンラインカジノの古参ユーザーであればお馴染みのネッテラーとほぼ同じものです。
その点から、ネッテラーが撤退した後の受け皿としても大きな注目を集めるに至っているのです。

まとめ

アイウォレットがなぜ高い人気を集めているのか理解していただけたのではないでしょうか。
オンラインカジノという海外のサービスを心置きなく楽しむためにはある程度環境を整える必要があります。
送金サービスのアイウォレットと並んで、エコペイズも登録が簡単です
まさに「オンラインカジノを楽しむためのツール」の一つなので、これからオンラインカジノを楽しむ方は覚えておくと良いでしょう。

人気が伯仲するオンラインカジノゲーム

日本でもカジノの法案が国会で可決されてから、一気にカジノが本格化するかと期待が膨らんだのですが、どうもそのような空気が流れてきません。
でも、カジノが好きな人はしっかりと楽しでいます。
それは一体どういうことなのでしょうか?

実はカジノの法案が可決する前から「オンラインカジノ」というスタイルでギャンブルを楽しんでいる人が結構いたのです。

オンラインカジノとは?

冠に「オンライン」という言葉が付いているので、何となくインターネット関係のイメージができるのですが、まさにネットで海外のカジノサイトにアクセスして賭ける、新しいタイプのオンラインギャンブルのことです。
これがオンラインカジノの正体です。

インターネットが接続できる場所であれば何処でも楽しむことができますので、ギャンブル好きな人にとっては、この上もないくらいに楽しくなってきます。

オンラインカジノの人気のゲームは?

オンラインカジノで提供されているゲームは色々あります。
ルーレット、スロットマシン、ポーカー、ブラックジャック、バカラなどが代表的なゲームです。

臨場感の高いライブカジノでゲームを楽しむ

臨場感の高いライブカジノでゲームを楽しむ

オンラインカジノの中でも、この数年の間に急速に人気を博してきたジャンルがあります。
それはライブカジノという形態なのですが、従来のCGコンテンツのビデオゲームギャンブルと人気を二分するほどに愛好者が増えてきています。

カメラでカジノ場を撮影してストリーミング配信をしているギャンブル形態を取っており、とてもリアル感の高いゲームを楽しめるのです。

ルーレット

このライブカジノでも、人気の高いのが、ルーレットです。
ルーレットは、00、0~36の数字の中でどのポケットにボールが入るかを予想して賭けるゲームです。

ルーレット盤が回る時にルーレットテーブルの数字にチップを置いて、ベットするのですが、賭け方のパターンは様々。
1点賭けで高い倍率の配当金を狙う人もいれば、50%の確立の赤・黒や奇数・偶数や2点賭け、4点賭けといくつかのポイントに分散して賭けることできます。
このようないくつかのバリエーションもルーレットが回っている間に賭けなければなりませんが、ライブカジノでは、その最中の緊張感が何とも言えないのです。

ブラックジャックやバカラも遊べる

ブラックジャックやバカラも遊べる

カードゲームのブラックジャックやバカラもライブカジノで定番となっています。

ブラックジャックは、カードの数字を21に合わせるか近づけて、ディーラーと勝負するギャンブル。
ライブカジノでは、ディーラーの行動がリアルにスマホやパソコンのディスプレイに表示されるので、画面を通しての戦いがその場で展開されている感覚になります。

バカラの場合は、ブラックジャックとは異なり、自分が直接プレイヤーとして参加するのではなく、バーチャル的なバンカー(親)とプレイヤーの戦いでどちらが勝つかを予想して賭けます。
とてもシンプルなルールで、2人の間で、カードの合計が9に近い方が勝者となりますが、簡単にできることから、ライブカジノでプレイするのに、ピッタリのゲームなのです。

ビデオポーカー

カードゲームと言うと、他にポーカーも定番のギャンブルですが、これもライブカジノで人気を集めています。
しかし、ポーカーの場合は、プレイヤーとの心理戦が醍醐味な反面、難しく感じているビギナーもいることも事実。
そんな人にとって興味を示しているのが、ビデオポーカーです。

スロットマシンの形式を取っているゲームですが、ポーカーの役を作り、その役の倍率で配当金が決まって来ます。
ロイヤルストレートフラッシュ、ストレート、フルハウス、スリーカードなどの役を作るのに、スピーディーな展開となるので、小気味いいゲームを楽しめるのです。
ビデオポーカーのユニークなのは、ダブルアップという倍々賭けてで一気にチップを倍に増やすことができるルールがあることです。
負ければ全てを失くしてしまうのですが、これもギャンブルに相応しいルールかもしれません。

スロットマシン

スロットマシン

カジノというと必ず出てくるのがスロットです。
オンラインカジノでも、ビデオゲームの定番としてその座を譲ることはないでしょう。
スロットの最大の魅力はジャックポットの一言に尽きます。

ジャックポットとは大当りのことで、これがヒットすると多額の配当金が戻ってきます。
それを期待してスピーディーなゲーム進行であるにも関わらず、多くのギャンブラーを夢中にさせています
その額は時に数千万円にもなるので、必死になるのも無理はありません。

スロットマシンはパチンコ店でも、パチスロとして多くのギャンブラーに人気があります。
しかしながら、オンラインカジノのスロットは、絵柄が回っていても自動で止まってくれるので、後はラインが揃うことを祈るだけなのです。

このようにオンラインカジノは、様々なゲームで楽しめて、賭けるスリリング、当てる喜びを満喫できる最高のギャンブルです。

勝ちやすさを保証する様々な取り組み

オンラインカジノが勝てるかどうか

オンラインカジノが勝てるかどうか

オンラインカジノは、数あるギャンブルの中でも大変有名なギャンブルの一つです。
世界中にプレイヤーが存在しており、そして世界中で愛されているギャンブルの一つです。

オンラインカジノで楽しみながら、時には儲けているプレイヤーは非常に多いですし、オンラインカジノは日本人プレイヤーも増加しています。
しかし、今から始めるに当たって、オンラインカジノが本当に勝てるのかということは気になるところです。

オンラインカジノが勝ちにくいギャンブルであれば、手を出すことは避けておきたい…という方も多いのではないでしょうか。
オンラインカジノは、他のギャンブルと比較して勝ちやすいのかどうかということについて具体的にみていきましょう。

オンラインカジノのペイアウト率について

オンラインカジノが勝ちやすいかどうかなのですが、一つの目安としてペイアウト率があります。
ペイアウト率とは「還元率」のことをいいます。
つまり、オンラインカジノが勝ちやすいかどうかはこちらのペイアウト率によって決まってくるのです。

たとえば、オンラインカジノのペイアウト率は97%以上となっています。
競馬やパチンコについては、75~80%程度ですし、宝くじについては、45%程度なので、比較するとオンラインカジノのペイアウト率は圧倒的に高いことが分かります。
ペイアウト率は払い戻す場合の、勝ち金の割合を示しますので、これが大きければ大きいほど、それだけ有利ということになります。
オンラインカジノは、こちらのペイアウト率が高く設定されていますので、その分勝ちやすく有利であると言われています。

オンラインカジノがこれほどまで、ペイアウト率を高く設定できる理由ですが、オンラインカジノは店舗を持たないギャンブルであるという特徴を持っているからです。
通常なら、店舗の維持費や人件費など、莫大な経費がかかってくるのですが、オンラインカジノの場合は、これらの金額がかかってきません。
店舗を持たないギャンブルだからこそ、経費は最小限で済むという特徴を持っています。
このため、それだけの高いペイアウト率を保ちつづけることが出来るのです。

オンラインカジノに詐欺やイカサマはないのか

オンラインカジノに詐欺やイカサマはないのか

オンラインカジノは、詐欺やイカサマがあって勝てないのではないかと疑問に思っている方もいると思います。
特にオンラインカジノをこれから始める初心者の方からすると、詐欺やイカサマで勝てないのではないかと思う方も多いです。

しかし、オンラインカジノは、実は公平性や安全性が確立されており、勝つことが出来ないということはありません。
これはなぜかというと、オンラインカジノはそのペイアウト率を公表していますが、これは独自の調査でペイアウト率を出しているというわけではなく外部の監査機関による監査を受けているからです。
外部の監査機関によってペイアウト率や、その他公平に運営されているかどうかなどが監査されており、そして安全性やペイアウトがなされているかなどもチェックされています。

多くのオンラインカジノは、外部の監査機関によって公平性が認められていますので、このあたりも安心して良いでしょう。
オンラインカジノはライセンスが発行されて運営されていますが、それだけでなく定期的にプログラムに改ざんや不正がないかといったチェックが入っていますので、安心して遊ぶことが出来ます。

ペイアウト率は100%を超えることはない

オンラインカジノのペイアウト率は、このように非常に高いのが特徴となっています。
しかし、だからといって必ずしも勝つことが出来るという風に考えてしまうのは少々危険です。

これはなぜかというと、オンラインカジノのペイアウト率は97%程度で、けして100パーセントを超えることはありません。
なぜならペイアウト率を算出する上でハウスエッジが存在しているからです。
ハウスエッジとはオンラインカジノを含めたギャンブルで存在しているもので、これはカジノ側の取り分の手数料を指します。

オンラインカジノはギャンブルであり、ボランティアや慈善事業でもありません。
このため、必ずハウスエッジが存在していて、プレイヤー側が最終的には損をしてしまうように出来ているのです。
このため、オンラインカジノであれば、必ず勝つことが出来ると信じることは危険となっています。

オンラインカジノはあくまでもギャンブルであり、そこにはハウスエッジが存在していることを頭に入れておきましょう。

ペイアウト率はあくまでも全体のペイアウト率であること

ペイアウト率はあくまでも全体のペイアウト率であること

オンラインカジノのペイアウト率は、とても高く思われますし、大抵の場合にお金をかけた分が戻ってくると思われがちです。
しかし、けしてそういったことはなく、ペイアウト率は全体のペイアウト率であって個人のペイアウト率ではありません。
一方で70%のペイアウト率の人もいれば、20%程度のペイアウト率の人もいるなど、ハウスエッジを引いた分を残りのプレイヤで分け合うということになるので注意が必要です。