勝ちやすさを保証する様々な取り組み

オンラインカジノが勝てるかどうか

オンラインカジノは、数あるギャンブルの中でも大変有名なギャンブルです。
世界中にプレイヤーが存在しており、そして世界中で愛されているギャンブルの一つです。

オンラインカジノで楽しみながら、時には儲けているプレイヤーは非常に多いですし、オンラインカジノは日本人プレイヤーも増加しています。
しかし、今から始めるに当たって、オンラインカジノが本当に勝てるのかということは気になるところです。

オンラインカジノが勝ちにくいギャンブルであれば、手を出すことは避けておきたい…という方も多いのではないでしょうか。
オンラインカジノは、他のギャンブルと比較して勝ちやすいのかどうかということについて具体的にみていきましょう。

オンラインカジノのペイアウト率について

オンラインカジノが勝ちやすいかどうかなのですが、一つの目安としてペイアウト率があります。
ペイアウト率とは「還元率」のことをいいます。
つまり、オンラインカジノが勝ちやすいかどうかはこちらのペイアウト率によって決まってくるのです。

たとえば、オンラインカジノのペイアウト率は97%以上となっています。
競馬やパチンコについては、75~80%程度ですし、宝くじについては、45%程度なので、比較するとオンラインカジノのペイアウト率は圧倒的に高いことが分かります。
ペイアウト率は払い戻す場合の、勝ち金の割合を示しますので、これが大きければ大きいほど、それだけ有利ということになります。
オンラインカジノは、こちらのペイアウト率が高く設定されていますので、その分勝ちやすく有利であると言われています。

オンラインカジノがこれほどまで、ペイアウト率を高く設定できる理由ですが、オンラインカジノは店舗を持たないギャンブルであるという特徴を持っているからです。
通常なら、店舗の維持費や人件費など、莫大な経費がかかってくるのですが、オンラインカジノの場合は、これらの金額がかかってきません。
店舗を持たないギャンブルだからこそ、経費は最小限で済むという特徴を持っています。
このため、それだけの高いペイアウト率を保ちつづけることが出来るのです。

オンラインカジノに詐欺やイカサマはないのか

オンラインカジノは、詐欺やイカサマがあって勝てないのではないかと疑問に思っている方もいると思います。
特にオンラインカジノをこれから始める初心者の方からすると、詐欺やイカサマで勝てないのではないかと思う方も多いです。

しかし、オンラインカジノは、実は公平性や安全性が確立されており、勝つことが出来ないということはありません。
これはなぜかというと、オンラインカジノはそのペイアウト率を公表していますが、これは独自の調査でペイアウト率を出しているというわけではなく外部の監査機関による監査を受けているからです。
外部の監査機関によってペイアウト率や、その他公平に運営されているかどうかなどが監査されており、そして安全性やペイアウトがなされているかなどもチェックされています。

多くのオンラインカジノは、外部の監査機関によって公平性が認められていますので、このあたりも安心して良いでしょう。
オンラインカジノはライセンスが発行されて運営されていますが、それだけでなく定期的にプログラムに改ざんや不正がないかといったチェックが入っていますので、安心して遊ぶことが出来ます。

ペイアウト率は100%を超えることはない

オンラインカジノのペイアウト率は、このように非常に高いのが特徴となっています。
しかし、だからといって必ずしも勝つことが出来るという風に考えてしまうのは少々危険です。

これはなぜかというと、オンラインカジノのペイアウト率は97%程度で、けして100パーセントを超えることはありません。
なぜならペイアウト率を算出する上でハウスエッジが存在しているからです。
ハウスエッジとはオンラインカジノを含めたギャンブルで存在しているもので、これはカジノ側の取り分の手数料を指します。

オンラインカジノはギャンブルであり、ボランティアや慈善事業でもありません。
このため、必ずハウスエッジが存在していて、プレイヤー側が最終的には損をしてしまうように出来ているのです。
このため、オンラインカジノであれば、必ず勝つことが出来ると信じることは危険となっています。

オンラインカジノはあくまでもギャンブルであり、そこにはハウスエッジが存在していることを頭に入れておきましょう。

ペイアウト率はあくまでも全体のペイアウト率であること

オンラインカジノのペイアウト率は、とても高く思われますし、大抵の場合にお金をかけた分が戻ってくると思われがちです。
しかし、けしてそういったことはなく、ペイアウト率は全体のペイアウト率であって個人のペイアウト率ではありません。
一方で70%のペイアウト率の人もいれば、20%程度のペイアウト率の人もいるなど、ハウスエッジを引いた分を残りのプレイヤで分け合うということになるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です